韓国人男性の美容意識が高い理由/おすすめのメンズコスメブランド5選

      2017/03/05

a0001_017231

今日のWBSワールドビジネスサテライトでは、就職活動中の韓国人男子大学生が、ベッドに寝そべって携帯をいじりながら、シートパックをしているという衝撃的な画が放送されていました(゚∀゚)

なんでもこの大学生は、月に3,000円以上を美容代として使っている、とのこと。

日本と同じように就職活動が過酷な韓国では、話している内容よりも、見た目の第一印象を重視する面接官も存在するので、第一印象対策としてお肌のケアをしているのだそうです。

 

韓国人男子が美容に熱心なワケ

韓国は、男性の1年間の化粧品に対する支出額が世界No.1という”男性美容先進国”。男性達の間に、高い美容意識が育まれた背景には、「兵役」があるのだそうです。

軍隊に入隊し、訓練に従事する際、顔に緑や茶色の迷彩柄を描いてカモフラージュする必要があり、ペイント用のクリームが軍から支給されます。ただ、この軍から支給されるクリームが”肌荒れの原因になる”として、兵士たちから不評なんだとか。

番組に登場していた兵士の男性も、ロッカーに化粧水や乳液を常備し、お肌のお手入れをしていました。軍隊では、先輩・後輩が肌のケアを当たり前のようにしているので、その姿見てスキンケアを日常的なものとして捉えるようになるのだそうです。

もし、野球部や剣道部の男子が、部室で先輩・後輩が化粧水や乳液、クリームを使っているのを目にしたら、きっと日本人男性の間にも、「男も化粧品を使って当たり前」という意識が醸成されるでしょうね。

また、innisfree(イニスフリー)などの韓国の化粧品メーカーも、カモフラージュ用カラークリームのパレットを販売しているんですって。イニスフリーのメンズ用化粧品を探してみると、お休みの日の前にお肌のコンディションを整えるためのシートパックまでありました!

兵役中のゴツい韓国人男性たちが、デートで彼女に会いに行く前日に使ってるのかな…と思うと、何だか健気で可愛い(*´艸`*)

イニスフリーといえば、韓国の有名メーカー。日本で言うならば、資生堂やコーセーなどの大手系商品会社が、これらのクリームやパックを販売しているようなもの。韓国ならではの光景ですね。

先ほどの「軍が支給するクリーム」を使いたくない兵士は、休みの日にドラッグストアや百貨店に行き、こうしたメーカーが販売しているクリームを自腹で購入して、使っているそうです。

スポンサーリンク



 

これからは男性向け化粧品=”メンズコスメ”市場が伸びる?!

番組内では、韓国の化粧品メーカー最大手・アモーレパシフィック社のマーケティング担当者が、「これまでに安定的に成長してきたスキンケア領域だけでなく、今後は男性向けBBクリーム・リップなど「男性のメイクアップ領域」も拡大する方向だ」、とコメントしていました。

WBSのコメンテータで、ATカーニー日本法人代表の梅澤氏は、

  • これまで日本の男性用化粧品としては、ヘアケア商品が中心だったが、今後はアジア市場×スキンケアの領域が狙い目。
  • ただし、アモーレパシフィックをはじめとする韓国メーカーが、その領域に先に進出してきているので、日本の化粧品メーカーもおちおちしてられない。

という考察を述べていらっしゃいました。

日本でも買える、注目の男性用化粧品ブランドは?

日本の大手化粧品メーカーで、メンズのスキンケア商品に注力している会社はまだ少なく、シェービングクリーム、アフターシェーブローション、デオドラントなど、フェイスケアというよりボディケア系の商品が大半です。

そんな中でも、日本で購入できる、男性向けの本格コスメがこれら5つのブランドです!

1.500円から始められるメンズコスメ・BULK HOMME(バルクオム)

 

皮脂量が多く水分量が少ないため、男性の肌が女性以上に乾燥しやすいことに着目した化粧品セットが「BULK HOMME(バルクオム)」です。

スキンケアに必要な洗顔石鹸・化粧水・乳液の3点がセットされているので、どんなアイテムを買えば良いのか悩んでいる男性にオススメ。実際、スキンケア初心者の30代男性の購入が多いんですって('ω')

洗顔せっけん・洗顔フォームというと、固形石鹸かビオレみたいなチューブタイプのイメージが強いですよね。BULK HOMME(バルクオム)のようなパウチ入りの洗顔せっけん(生せっけん)って、ドラッグストアや百貨店ではあまり見かけませんが、通販コスメだと「どろあわわ」や「つかってみんしゃい よかせっけん」などが人気で定番商品になっています。

これらの生せっけんを使うメリットは、もこもこの泡が立つので、お肌の汚れをしっかり落としながらも、お肌への摩擦刺激はカットできるところ。

 

正直、乾燥や肌荒れなどに悩んでいる男性は、市販の安い洗顔フォームでゴシゴシ洗うのを止めて、品質の良い洗顔せっけんを使った泡洗顔に切り替えるだけでも、乾燥肌や余分な皮脂分泌によるベタつき・テカリが軽減されると思う。

それくらい、お肌への摩擦刺激は肌トラブルの原因になるんです\( •̀ω•́ )/

流通コストカットによる低価格販売も魅力!

 

バルクオムは、無駄な装飾を省いたパウチタイプのパッケージで、余分なコストをカットして低価格で販売されているところも、合理的!社会人の皆さんの心を掴んでいるのも納得です。

初回500円で7日分のスターターキット(初回セット)が購入できて、低価格で使用を始められるのは魅力的ですが、定期購入必須の商品なので、最低4回(4か月間)の継続購入が必要

4回(4か月間)の購入を継続した場合の支払総額は、スターターキット:500円+コンプリートセット:7,200円×4回=29,300円(税別)となります。

▽その他の詳細はBULKHOMME公式サイトでご確認ください!

メンズコスメBULKHOMMEバルクオム公式サイトはこちら

BULK HOMME

2.POLAのメンズライン「マージェンス」

POLAメンズコスメマージェンス
日本の化粧品メーカー勢の中で注目を集めているのが、POLA(ポーラ)が発売したメンズ化粧品ライン「マージェンス」です。

日本国内の化粧品メーカーで、男性用化粧品に力を入れている企業が少ないなか、POLAは先駆けてメンズコスメの開発に着手しています( ´∀`)bグッ!

POLAのメンズライン「マージェンス」は、フランスの老舗香料メーカー ロベルテ社の特許技術を応用し、体臭成分と結合する機能性香料を、世界ではじめて配合。ニオイ発生のメカニズムにアプローチし、気になる加齢臭を抑えられるコスメとして、注目されています。

安心の国産製品なので、これまでメンズビオレやマンダム、ニベアメンなどを使っていたけど、本格的な男性用化粧品も試してみたい…!というメンズコスメ初心者におすすめ。

ただし、マージェンスの商品ラインナップは、シャンプーやシャワージェルなどが中心。スキンケアというよりも、どちらかといえばボディケア商品が主力という印象です。

★2016/12/18追記

久しぶりにラインナップをチェックしたら、洗顔料や化粧水、日焼け止め乳液が発売されていました!スキンケア系アイテムも充実してきてます◎

ちなみに先日、POLAの社員の方にお話しを伺ったんですが、国内に競合となるプレイヤー(化粧品メーカー)がいない分、どんな客層にどんな商品を打ち出していくのか、まだまだ模索している段階だそうです。

POLAといえば、最先端成分を配合した高級アンチエイジングシリーズ「B.A」や、比較的手の届きやすい価格帯の保湿重視ライン「モイスティシモ」など、女性向けの化粧品を幅広く取り揃えているメーカーですので、今後、メンズラインの拡張にも期待です!

POLAのメンズ化粧品 マージェンス 公式サイトはこちら

3.オーガニック先進国オーストラリアからやってきた「VanessaMegan(バネッサミーガン)」

やはり、メンズ化粧品のラインナップの広さという意味では、海外のコスメブランドのほうが2、3歩先を行っているようです。


オーストラリアから今年、日本に進出してきたオーガニックコスメメーカー・Vanessa Meganは、認証取得済みのオーガニック成分を使うことにこだわり、無添加で肌をしっとりさせる効果のあるシェービングクリームや、赤ちゃんとパパ・ママが兼用で使えるボディクリームなど、男性でも使える商品を拡充中。

こちらの100%天然成分で作られたシェービングクリームは、発売直後から売れ行きは好調だそうです。

4.本命!韓国コスメinnisfee(イニスフリー)の「フォレスト・フォーメン」

innisfree forest for men

画像出典:innisfree公式サイト

 

さすがの”男性美容先進国”だけあり、韓国コスメ・メーカー勢の男性用化粧品の品揃えは、レディースに見劣りしない見事なものです。

番組にも登場していた、アモーレパシフィック社のブランド「innisfree(イニスフリー)」は、「フォレストフォーメン」という男性向けラインを展開していて、女性向け化粧品も顔負けのトライアル・セットまで用意されています!

私が以前使ってた、”グリーンティ”シリーズのメンズ商品もありました!

イニスフリーの商品は、植物由来の成分をうまく使っていて、グリーンティーシリーズには済州島の緑茶と杉の木成分が配合されています。

さっぱりとした使用感ながらも、うるおいをしっかり補給してくるので、乾燥しがちな秋・冬にも使えますし、さっぱり肌を整えたい春・夏にも使えます。また、香りも緑茶ベースなので甘くなく、パッケージもオリーブグリーンのシンプルなものなので、男性が使っても全く問題無し( ´∀`)bグッ!

もちろん、男性向けメイクアップ商品である、CCクリームも用意されていますよ!

韓国人男性の肌の標準色に合わせた、2カラー展開です。ニキビ跡や青ひげが気になって、ファンデーションやBBクリームに興味があるけれど、女性向けのものは色が白すぎて使えないし、何より恥ずかしくて買えない・・・という男性におすすめです。

innisfree のメンズラインFOREST FOR MENをAmazonで探す

 

5.健闘中の日本メーカー! &GINO(アンドジーノ)の「アクアモイス」

海外メーカーが優勢ななか、メンズコスメの開発・販売に取り組み、SafariやOCEANSなどの雑誌にも掲載されているのが、日本の化粧品メーカー「&GINO(アンドジーノ)」です。

30代以上の男性の肌に合うように作られた、アンドジーノの「アクアモイス」は、化粧水・乳液・美容液・クリームの機能を兼ねた、オールインワン美容液。これ1本でスキンケアが完了するので、「化粧水とかクリームとか、いろいろ塗ってられねえよ!」という男性にぴったりです。

男性の肌は、女性の肌に比べて「皮脂分泌量が多い反面、水分量が少ない」という特徴があり、油分と水分のバランスがとりづらいため、テカりやすく乾燥しやすい傾向にあるのだそう。しかも、毎日シェービングで肌に負担をかけてしまうので、頬・顎はカサつきやすく、Tゾーンはテカる…という典型的な混合肌になりやすいんです。

そんな男性の肌の傾向をもとに、男性向けオールインワン美容液「アクアモイス」には、コラーゲン・ヒアルロン酸など、女性用化粧品ではおなじみの保湿成分を配合。さらに、皮脂で開きがちな毛穴の引き締める、アーティチョークエキスや、クマやくすみが目立つ肌を明るくするビタミンC誘導体なども配合して作られています。

オールインワンという手軽さと、男性ならではの肌の問題にアプローチするところが評価され、男性向けファッション誌SafariやOCEANSにも、注目のアイテムとして掲載されています!

Safari・OCEANSの掲載内容については、こちら/男性向けオールインワン美容液「アクアモイス」

まとめ

まだまだ発展途上のメンズコスメ市場。

男性ならではの肌トラブルに着目した、高機能でおしゃれなコスメが少しずつ増えてきていますが、男性用のしっかりしたコスメを使っている人はまだまだ少ないので、これらを使っている男性には、”時代を先取りしてるこだわり派”という印象を受けますね(笑)

オーガニック系の高品質なコスメは、男性と女性で共用できるので、クリスマスプレゼントやバレンタインデーのギフトにもおすすめ! 旦那様や彼氏へのプレゼントしつつ、ちゃっかり自分も使う、ということができますよ(*´艸`*)

EveryPostプラグインから引き継ぎ



ご覧いただきありがとうございました。応援クリックをおねがいします♪
にほんブログ村 OL日記ブログ キャリアOLへにほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ にほんブログ村


関連記事

こんな記事も読まれています

スタバドリンクチケット使用後。端が切り取られている 1
スタバのドリンク無料チケットの使い方/注文方法・店員さんおすすめカスタマイズを紹介!

auWALLETからスタバカードへのチャージでもらった、ドリンクチケット(無料券 ...

2
アユーラの入浴剤メディテーションバスαとウェルバランスナイトリートバスを比較してみた

美容雑誌で見て以前からずっと気になってた、アユーラのメディテーションバスα(入浴 ...

炭酸ミストで美肌ケア 3
MTGの炭酸ミスト家電「PLOSION」で口角のたるみが消失。これぞ究極の時短美容だ!【プロージョン使用レビュー】

  2015年も残すところあと2週間ほど。今年もやれ「ストレス解消」だ ...

4
ミネラルエアーファンデーション使用レビュー/1分半で憧れのツヤ肌が作れるスプレーファンデ

もはやメカ!微粒子をスプレーするオンリーミネラル「ミネラルエアー」という記事でも ...

5
韓国人男性の美容意識が高い理由/おすすめのメンズコスメブランド5選

今日のWBSワールドビジネスサテライトでは、就職活動中の韓国人男子大学生が、ベッ ...

6
人手不足が招く、外食・小売・サービス業の深刻なレベルダウンについて/業務の把握と整理ができるか?

先週末、近所のサンマルクカフェに行った時のこと。 週末の昼下がりとあって席はほぼ ...

 - ストレスに負けない肌をつくる美容・健康グッズ, ビジネス情報番組 , , , ,